ブラジリアンワックス脱毛は、ビキニラインの部位を含むワックス脱毛の一種です。

この脱毛では、肛門、会陰、および外性器周辺の毛を完全に取り除く(外性器の上部の陰毛を小さな線状に残す、全て取り去るなど、ヘアのデザインは好みで決めることができる)ブラジリアンビキニワックス脱毛あるいはアンダーヘア脱毛などとも呼ばれます。

二次感染を防ぐ為、消毒薬を用いて肌の消毒を行います。脱毛をする部位に温めたワックス剤を塗布し、引きはがすのが一般的な手順です。

また、ワックス剤にはソフトワックスとハードワックスがあり、施術部位より用途が異なります。

ブラジリアン部位にはワックス自体が冷えると固まり、毛と一緒に剥がすハードワックスを用いるのが世界標準の施術方法です。

ビキニライン、恥丘および陰部を脱毛する際には、ベッドにあおむけの姿勢をとり、脚の間の部位はそのまま開脚して脱毛を行うことが多いです。

恥丘に一定の幅だけ毛を残す場合などには、脱毛しない部分に紙などを当てて、その周囲を脱毛します。
一定の形状に毛を残す場合も同様ですが、ワックスで脱毛しきれずに残った極わずかな毛や生え際の部分はピンセットで1本ずつ抜いて整えます。